南条の観光スポット

福井県、南越前町の南条地区の観光スポットを紹介します。

花はす公園


■花はす公園

のどかで素朴な風景に囲まれた花はす公園。

千葉県検見川の地下で眠っていたハスの実が、2000年ぶりに蘇った「大賀蓮」をはじめ、世界の花はす約120種類が優雅な姿で園内いっぱいに咲いています。

世界の花蓮池や観賞蓮園をはじめ、芝生広場・果実広場・わんぱく砦など、多くの施設が隣接しています。


続きを読む "花はす公園"

杣山ハイキング

杣山は町の南東に位置する標高492mの山です。

現在はハイキングコースとして親しまれており、登山口は3ヶ所。 一の城戸口跡、二の城戸口跡と花はす温泉「そまやま」の裏手から、それぞれ山に入る事ができます。

標高こそそれ程高くないものの、山道は思ったより険しく、細い一本道が続きます。 途中、休憩所を左に見て5分程登ると、それまで生い茂る木々にさえぎられがちだった視界に南条の町並みが眼下に広がってきます。

続きを読む "杣山ハイキング"

武周ヶ池

野見岳(638m)頂上に周囲約360mの武周ヶ池があります。

ブナの原生林に囲まれた池は、年中変わらぬ水を湛えており、神秘的なムードを漂わせています。

昔から竜神伝説で知られ雨乞いでも有名な土地です。

江戸時代には、麓の上牧谷で道場(頤真院)を開いていた修行者の祈祷により、賑々しく雨乞いの儀式が行われたと伝えらえています。

現在では魚見峠からの新しい登山コースも拓かれ、毎年八月廿日に行われる龍神祭りには沢山の人が訪れます。

不動ヶ滝

DSCF0395.JPG

昔、この場所に不動明王が流れつき、滝の横に安置されたことが名前の由来。

春には周辺に桜が咲き乱れ、ハイキングスポットとして親しまれています。

毎年7月の第3日曜日には滝祭が行われます。

2014/05/09 時点では沢にかかっている橋が古くなって滑りますので足元にお気を付け下さい。

ホノケ山


ホノケ山(737m)は、昔京の都や府中(武生)へ、急を知らせるノロシ台があったことからこの名がついたと言われています。

山頂からは丹南の平野や敦賀湾・日本海が見え、自然が多く残る山として親しまれています。

登山道の大部分を占める峠道は、古北陸道若狭脇往来・塩の道とも呼ばれ、ブナの原生林の中を走る「切り通し」は深さ6mに達する所もあり、この道の歴史を偲ぶことができます。

だが、確かな記録がないので「まぼろしの北陸道」と呼ばれています。

続きを読む "ホノケ山"

Copyright (C) 2007 南越前町商工会 All Rights Reserved.
〒919-0224 福井県南条郡南越前町西大道19-42
TEL 0778-47-2174 FAX 0778-47-2545